本文へスキップ

関係性マネジメント研究所は、働く人の「人間力」と「組織の関係性」を高めることを通じて、「人が育つ企業風土」、 「自ら考え、自ら行動できる人財づくり」、「顧客への価値創出」を支援しています。

〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21

ちよだプラットフォームスクエア1260

Tel. 090-8584-9482(代表直通)

経営理念・ミッションCONCEPT

私たちは「百年企業~ 人がイキイキ働く永続的企業」づくりを支援します

CEO「企業は人なり」、「人は城、人は石垣」の言葉にもあるように、
会社や組織体は人によって成り立っています。

人間は自然物でありますから

その集合体である企業も自然物として捉えることが大事となります。

草木の場合、その「根」がしっかりしていなければ、風雪に耐えることもできずに、
じきに枯れ落ち、朽ち果てることでしょう。

自然物である企業も「根」が強く、しなやかであることが望ましいのですが、
いったい企業にとっての「根」とは何なのでしょうか。

仕事への誇り、やる気、働きがい、人間性、共有規範(共通の価値観)の存在が
それにあたると私は考えています。

企業活力の根源を成すこれら要素を高めることができれば、
自ずとよき企業の気風が形成され、その風土のうえに、
効率的な業務プロセスや組織運営の仕組み、創造的な技術やICT、
さらには円滑なコミュニケーションを通じた活きた情報(ナレッジ)の共有・蓄積がなされることでしょう。

これら組織能力(Capability)が、顧客価値(提供価値)を創出し、
永続的な企業となっていくのです。

私たちは、知識や技能といった表面的な打ち手に陥ることなく、
企業の「根」を広く、深く、強く養う活動を通じて、

永続性ある組織づくりをご支援しています。



背景にある考え方・信念

(その1)
全体との関係性が明らかになって、 初めて「部分」の自覚が生まれるものであります。
世の中は総て、受け持ち・分担で成り立っていることを身体レベルで知ることは大事なことと考えます。

(その2)
人の知恵というものは、自分で自分の問題に気づいて、自らこれを解決するところにある。
人材教育とは、そういう知恵を身につけた人をつくることであると考えます。

(その3)
受身的な学びは、なんら価値にならない。
自ら気づき、考え、行動し、自ら克服したことのみが、真に自己の力となると考えます。


(その4)
伝統的なコンサルティング・サービスによくある「コンサルタントが分析し、企画し、お客様に提言する」というスタイルはとりません。お客様内に組成いただくチームと一緒に課題解決にあたり、お客様のチームメンバーにプロジェクト推進、課題解決の要訣・スキル・技法をトレーニングしながらプロジェクトを推進します。こうすることで、類似する経営課題については、以降外部の手を借りずに、自社内で解決していただけます。これが私のコンサルティング事業の眼目であります。

企業における関係性(チーム力)の大切さとは

野球やサッカーなどのスポーツでは、「チーム力」、「チームワーク」は欠かせません。
もちろん筋力アップ、俊敏性向上などの「個の力」の強化は必要ですが、ゲームで勝つためには、チームで連携練習をしたり、戦略の意思統一をしたりすることは不可欠です。
翻って、ビジネスの世界には、なぜ「チーム力」、「チームワーク」を強くする取り組みが少ない(ない)のでしょうか。
人材教育といえば、一般的には「個の力」の向上をねらいとしています。野球やサッカーなどのゲームより「ビジネスが単純なもの」とは到底思えません。
ゲームよりもよっぽど複雑なビジネスで「チーム力」、「チームワーク」を磨くための実践的な方法がほとんど見当たらないことに違和感を覚えるのは私だけでしょうか。


「関係性の質」を高めれば、「結果の質」は高められる

「関係性」が生み出すダイナミズムで「チームを強く」する



「組織の内的動機を高める」、これが私たちの使命です

「科学療法/システム療法」 よりも 「物語療法」で


バナースペース

U.W Consulting

関係性マネジメント研究所
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-21
ちよだプラットフォーム
スクエア1260

代表直通: 090-8584-9482
email: req@uw-consulting.com